タイミングで異なる中絶手術の費用|知らなきゃ損する情報

女医

施術を受ける期間

医者

女性が妊娠するときには必ず相手がいます。望まない妊娠の末に出産をしたとしても、親子共々に不安しか生じないときには中絶手術という方法もありだと言えるでしょう。実際に、中絶手術は法律で禁じられておらず、東京を始めに、至るところにある婦人科にて施術を受けることが可能です。しかし、そんな東京の婦人科でも中絶手術を受けられる期間を設けています。胎児は母親の体内でどんどん成長していくので、妊娠中期から後期にかけて中絶手術を行なうことは不可能なのです。法律では中絶手術を受けられる時期を、胎児がその生命を母親の体外で維持できないときまでとしています。
来院してすぐに受けることはできない為、中絶手術を東京の婦人科にて受けるときには、あらかじめ診療を受けておくことが必要です。妊娠に気づくタイミングは人によって大きく異なりますが、早い人では妊娠初期ですぐに気づくことでしょう。生理が来なくなることも妊娠の証になりますが、何よりも大きな体調変化にはつわりがあります。ホルモンバランスがこれまでと大きく変わるので、常に吐き気がする状態が続くこともあります。これまで受け付けていた食べ物や臭いが全く受け付けられない状態になると辛いものです。
そうした体調変化で望まない妊娠に気づいたときには、法律で禁じられている妊娠21週目を迎える前に東京内の婦人科を見つけましょう。22周目に突入すると、同じ東京であっても中絶手術を行なう婦人科はどこにもなくなります。